当店について
ABOUT Lilmag
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
ホーム
なんとなく、クリティック 1
編集・発行:森田真規/2013年2月25日/B6変形・200頁

「“サブカル”は現在でも存在し得るのか?
“サブカル”に取って代わるのは“批評”なのでは?
そして、そんな時代におけるカルチャー誌とは?
といったことを裏テーマにしたリトルマガジンです。」(公式サイトより)

“批評”と“サブカル”をテーマにしたリトルマガジン。
「サブカル」を既に終わってしまった「80年代的な日本の消費文化」と捉え、それに代わる「批評」の可能性を探る、とのこと。
1983年生まれの編集長が世に問う、現在形のカルチャー誌。

内容:
・はじめに/“サブカル”の終わりと“批評”の始まり
・山本精一特集
山本精一ロングインタビュー/山本精一の世界(44p)
山本精一×小山田圭吾(コーネリアス)/未知なる音楽への誘い(18p)
※山本精一&小山田圭吾が選んだ“未知なる音楽”のリストを掲載!
佐々木敦/山本精一論「山本精一、ひとりの大音楽家」(8p)
・浅野いにお『おやすみプンプン』クロスレビュー/おやすみプンプン、どうでしょう?(24p)
執筆:橋本倫史、さやわか、磯部涼、吉田アミ、ばるぼら、吉田大助
・泉信行/漫画日誌(11p)
・瀬田なつき×染谷将太/映画放談(30p)
・粉川哲夫/映画日記(13p)
・鶴見済インタビュー/資本主義ではない何処かへ(21p)
・なんのこっちゃい西山。/ライブ日記(17p)
デザイン:戸塚泰雄(nu)
販売価格 1,050円(内税)
在庫数 品切中
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。