当店について
HELLO
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
出版部
ホーム
アナキズム・カレンダー 2013
アナキズム文献センター/290mm×290mm/28ページ

「毎年ご好評をいただき、来年版で7年目となるアナキズムカレンダー。2013年が関東大震災直後に虐殺された大杉栄、伊藤野枝、橘宗一の90周年にあたることから、3人をテーマとして制作。これまでの人物紹介と図版のみで構成するのではなく、大杉栄や伊藤野枝の様々な面を一つのテーマとして、それぞれの分野の専門家の方に、大杉や野枝について、書き下ろしてもらいました。また、宗一少年については、墓碑を保存していく活動について、執筆いただきました。」(アナキズム文献センターサイトより)

アナキズムの思想・運動に関わる書籍・資料を収集・保管し、広く公開していくことを目的として1970年に設立されたアナキズム文献センター。
2005年の活動再開(第3次)以来、毎年発行しているカレンダーは、貴重な資料を活用した、見て読んで楽しめる「とっておきたいカレンダー」。
アニバーサリーイヤーの2013年版は、サイズも例年より大きくなりました。

【2013年版テーマと執筆者】
▼1月「大杉逮捕と日仏連帯行動」(鎌田慧)
▼2月「青鞜の伊藤野枝」(森まゆみ)
▼3月「大杉栄と民衆芸術」(足立元)
▼4月「野枝と女性解放―現実と幻想の間」(グレープフルーツ)
▼5月「大杉榮と自由連合論」(飛矢崎雅也)
▼6月「野枝育ての親 代準介」(矢野寛治)
▼7月「大杉栄の「世界性」について」(高祖岩三郎)
▼8月「大杉栄とファーブル昆虫記」(小原秀雄)
▼9月「保存すること 保存しつづけること」(黒澤和子)
▼10月「エスペランチストとしての大杉栄」(藤巻謙一)
▼11月「フランスの大杉栄」(片倉悠輔)
▼12月「貫いた「生の闘争」」(大杉豊)
販売価格 1,500円(内税)
購入数
up down
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。