当店について
HELLO
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
出版部
ホーム
ドン・ハーツフェルト
編集・翻訳 土居伸彰/CALF/2012年3月31日/187mm×136mm・80頁

「シアター・イメージフォーラムほかで公開の『メランコリックな宇宙 ドン・ハーツフェルト作品集』の公式パンフレットです。ハーツフェルトへの12000字インタビューをはじめ、五所純子、松江哲明、土居伸彰による評論、処女作『ああ愛というものは』から最新作『なんて素敵な日』を含む全作品の解説付きフィルモグラフィー、ハーツフェルトによるマンガ5本+αを収録。日英バイリンガル仕様の大ボリューム、全80ページとなっています。」(発行元公式サイトより)

カリフォルニア生まれの短編アニメーション作家ドン・ハーツフェルト。作画及び撮影を一人でこなしているだけでなく、YouTubeなどの動画サイトの利用や上映ツアーなど配給方法にもDIYスタイルを模索する作家の魅力を伝えます。
本人のインタビューに加え、まんがも掲載!

ドン・ハーツフェルト:
1976年カリフォルニア生まれの短編アニメーション映画作家。14歳からアニメーションを独学で制作し始め、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の卒業制作作品『ビリーの風船』がカンヌ国際映画祭コンペティションに選出。直後発表した『リジェクテッド』がアカデミー賞ノミネート、youtubeを中心とした動画サイトで人気が爆発し、カルト的人気を誇るようになる。その後もサンダンス審査員特別賞受賞、サンフランシスコ映画祭生涯功労賞など100以上の賞を受賞している。作品よっては軽く万単位を越える作画及び撮影を一人でこなすというスタイルにこだわるというスタイルを貫いて製作を続けている。撮影には一切コンピューターは介在していない。彼が使用しているカメラは、『スヌーピーのクリスマス』(1965年)の撮影に使われていた1940年製のアンティークである。影響を受けた映画監督はスタンリー・キューブリックとデヴィッド・リンチ。またサイレント時代のスラップスティック・コメディにも影響を受けている。『きっとすべて大丈夫』、『あなたは私の誇り』に続く三部作が間もなく完成予定。

目次
・某映画祭への推薦文 ーイントロダクションに代えて 土居伸彰
・ドン・ハーツフェツトにランダムなインタビュー
・柔らかな死相 五所純子
・僕がドン・ハーツフェルト作品にセルフドキュメンタリーを見つけてしまう理由 松江哲明
・日常に勇気づけられるために 土居伸彰
・ドン・ハーツフェルト フィルモグラフィー
・ハーツフェルトのマンガ
「ビル 日記を買う」
「今日のボクは普通のマメじゃない」
「ビルとモノリス」
「シュガープラムの踊り、または地球最後の一ヶ月」
「オヤシラズ」
販売価格 700円(内税)
購入数
up down
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。