当店について
HELLO
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
出版部
ホーム
BET vol.0創刊準備号
ばるぼら/2006年/A4版・46頁・コピー誌

サブタイトルは"Underground Magazine for Very Special People"。
特集は「80年代地下文化(前哨戦)」。自販機本、羽良多平吉(インタビュー)、吉祥寺マイナー、以上3本の特集記事からその内実に迫る。

『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』等の仕事で一般書店でもその姿を見かけることができる "ネットワーカー" ばるぼらさん(電子の妖精、って印象です)が、硬質な美意識をもって古雑誌の山から掘った情報を配置する。

「だから本誌は当時を知る人間に対しての懐古/回顧サービス業ではなく、「お前たちが大事にしている秘密はこういうことだろう」と突きつける反抗のつもりだ。現代に通じる文化の源流の再確認という意図は、実はあまりない。」(あとがきより)

2006年11月の文学フリマに合わせて制作されたコピー誌。今年(2007年)出る予定の正式な創刊号にほとんどの内容が再録されるとのことですが、創刊時期は未定。
手に入るうちにどうぞ。現在、取扱っているのは当店のみ。

以下、ばるぼらさんから(2009年10月1日)
●この創刊準備号が出たのは二〇〇六年。すぐ創刊号を出す予定だったのが事情により未だに出ていない。三年も経つと流石に制作時にわからなかったことがわかるようになってきたので、ここに追記しておく。
●まず本文で「情報求む」と書いた『ペリカンクラブ』はその後いくつか入手した。予想通り山崎春美による個人連載のタイトルが「HEAVEN」だった。ロゴはヘルベチカ版。一九八二年の八月号、十一月号、一九八三年一月号、四月号に載っている。
●『フールズメイト』は載せ忘れたのが一冊ある。
●『アマルガム』の総号数を間違えた。
●岡崎京子が載っている自販機本は他にも発見した。
●誤字が結構ある。
●『アイデア』三二八号にパンク・ファンジンを一部載せた。
●『Tokion』の連載で自販機本とパンク・ファンジンを少し取り上げたことがあるが、号数を忘れた。二〇〇七年の後半の号であるのは間違いないけども。
●この創刊準備号を出した一年後の二〇〇七年末に声をかけてもらい、『NYLON100%』という本に途中参加することになった。「八〇年代のその辺に詳しいと思って」とのことで、資料集めや年表作りなど基本データを担当。と思ったら、インタビューについていっているうちに、なぜか本文も書くことになり、結果著者に。データとしては『NYLON100%』収録の年表と吉祥寺マイナー年表は補完しあっているので、できれば本も入手していただきたいところ。
●ECDの音楽的自伝『いるべき場所』(メディア総合研究所)に出てくる「資料」はこのミニコミ。『いるべき場所』は貴重な話が多いので読むと吉。
●羽良多さんとはこのミニコミで初めてお会いし、二年後に『NYLON100%』のブックデザインを依頼することになります。
●このミニコミはたまに注文があった時にそのつどコピー機で増刷したり、人にPDFを渡して勝手に刷って勝手に売ってもらったりするので、総発行部数がわからない。多分二〇〇以下だと思われる。
●それにしても『DOLL』がなくなるとは思っていなかった。
販売価格 1,000円(内税)
在庫数 品切中
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。