当店について
ABOUT Lilmag
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
ホーム
Donogo-o-Tonka ドノゴトンカ 創刊前夜号
編集:扉野良人、郡淳一郎 書容設計:羽良多平吉+米倉みく@EDiX/ りいぶる・とふん/2009年12月26日/182mm×257mm・54頁

20世紀はじめの詩人たちが夢見た "モダニズム" を現在から振り返る『ドノゴトンカ』。2008年末の創刊準備号に続き、「創刊前夜号」が出ました。
2009年5月、京都・徳正寺にて開催された「辻潤遺墨書画會」に出展された作品を紹介し、1920年代に日本におけるダダイズム運動を牽引した辻潤(1884 - 1944)の生涯と仕事に注目。
読んで眺めて "まだ見ぬ懐かしいモダン" を想うべし。

内容:
特集=辻潤遺墨
辻潤 遺墨
半重力の書法 山本精一×細馬宏通
辻潤と吉行淳之介 荻原魚雷
×と○ 細馬宏通
辻潤と稲垣足穂と 附・正岡蓉「新花鳥文人往来」 高橋信行
「ゼロ」への憧れ 『大菩薩峠』を読む辻潤 野口良平
居候論 辻まことからみた父親 大月健
辻潤年譜 作成・高木護、菅野青顔 再編・扉野良人

歩兵の物語 季村敏夫『山上の蜘蛛 神戸モダニズムと海港都市ノート』書評 内堀弘
樹木の墓標 内堀弘『ボン書店の幻 モダニズム出版社の光と影』書評 季村敏夫
販売価格 1,000円(内税)
在庫数 品切中
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。