当店について
ABOUT Lilmag
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
ホーム
アナキズム・カレンダー 2019年版
アナキズム文献センター/2018年/A4・28頁

アナキズム文献センターが毎年発行している「アナキズム・カレンダー」の2019年版。「近藤憲二没後50年〜三代で継いできた近藤文庫」をテーマに、堺利彦・為子、近藤憲二・(堺)真柄、そして近藤千浪と三代に渡り、ときに自分たちのものを二の次にしてまで、守り抜いてきた貴重な資料、特にアルバムをメインに紹介。これまでは初期社会主義、アナキズム、婦人運動と個別に紹介されてきた資料を「近藤文庫」という枠組のもとに広く写真を使用し、また近藤憲二を中心とした人物たちが実際に書いた文章も多く収録しています。

「このアルバムは父が『大杉榮全集』をつくるにあたり集めた写真を、その後の村木さんの獄中病死、古田さんの処刑、和田さんの獄中縊死、と相次ぐ身近な人々の裁判闘争と死に忙殺された中で取敢えず貼ったような、まさにスクラップブックで、日付けも、名前も記されていない。いま、それを見るとスクラップブックそのものが何か無言の訴えをしているような思いがしてくる」(『捨て石埋め草 近藤千浪遺稿集』より)

【2019年版 各月内容】
◎1月=三代の系譜
◎2月=近藤文庫とは
◎3月=大杉栄が見た近藤憲二
◎4月=大杉栄と伊藤野枝の遺児たち
◎5月=近藤憲二が見た大杉栄
◎6月=近藤憲二が見た伊藤野枝
◎7月=和田久太郎著『獄窓から』
◎8月=平民社と大逆帖
◎9月=堺利彦と同志たち
◎10月=堺利彦、為子、真柄
◎11月=無産婦人同盟と堺真柄
◎12月=戦後の近藤憲二〜アナキスト連盟と麦人社
販売価格 1,200円(内税)
購入数
up down
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。