当店について
ABOUT Lilmag
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
ホーム
『HOSE II』(ホース2)HOSE
"暗闇の軽音楽" バンド、HOSEのセカンドアルバム。
ファーストアルバムから一年半、ライヴを重ねるうちに編み出された新曲の数々がこの一枚に。
ギター、トランペット、トロンボーン、ボーラン(アイルランド太鼓)、ベースという珍しい編成で奏でられる軽音楽は複雑怪奇に間が抜けて、郷愁を誘いつつも同時にものすごく現在(コンテンポラリー)!
録音にフィールド・レコーディング作品で知られるフランスのサウンドアーティスト、エリック・ラ・カーサを招き、超高音質が実現。
空間の広がりと共に生楽器バンドだけに宿るマジックが引き立ちます。
ゲストに植村昌弘(MUMU/Sim他)、上江州佑布子(元 auranoisazzzz)、千葉広樹(effective dose他)、マッティン(バスクの暴れん坊)、中尾勘二(まさにマルチプレイヤー)。

ホース:
江崎將史 trumpet
古池寿浩 trombone
宇波拓 guitar
泉智也 bass
服部玲治 percussion

「約1年半振りとなるセカンド・アルバムは、フィールド・レコーディングを用いたコンセプチュアルな作品で知られるフランスのサウンドアーティスト、エリック・ラ・カーサが録音を担当。マイクの前で起こった出来事を、空気のふるえまでかんじられる生々しさで記録している。解像度が高く限りなくリアルな素材に宇波が暴力的なまでの編集を施し、音楽としての持続をぎりぎりで保ちつつ、端々で空間がねじまがってしまうある意味サイケデリックなサウンドを創り出した。
数々の罠にズタズタにされながらも、かろうじてその立ち姿を留めるメロディーの美しさ!アコースティック室内楽アンサンブル・バンドとしての面目躍如。ヘロヘロした演奏ながら合奏の楽しさを再認識。初期アルフィーを彷彿とさせる不吉なコーラスもあり。
さらに、前作にも増して、泉智也の狂気が加速。悪魔のような咆哮や、チューニングされていないベースによる鈍器で殴られるような一撃!弾き語りソロ曲も収録。
また、豪華ゲスト陣も参加!宇波の盟友であるバスクのストレンジャーMattinの邪悪な影。ホースのライブにしばしば登場し、亡霊のような存在感だけを醸し出していく中尾勘二による味わい深いクラリネット。手練のミュージシャン、植村昌弘(MUMU/Sim他)、上江州佑布子(元 auranoisazzzz)、千葉広樹(effective dose他)による場違いに凛々しい演奏。
ライナーノーツは前回に引き続き、気鋭の詩人小笠原鳥類による散文詩を掲載。 」
販売価格 2,500円(内税)
在庫数 品切中
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。