当店について
HELLO
ご注文方法
サイトマップ
リンク
マイアカウント
お問合せ
出版部
ホーム
当店について

ZINE(ジン)/ミニコミ/アーティストブック
多種多様なインディペンデント・パブリッシング
世界の同人誌・同人誌の世界
アートとサウンド
クラフトとD.I.Y.
……などなどを扱う小さなオンラインショップです。

インターネットはキーワードで何かを探すには便利な道具。
ブランド、セレブリティ、世に広く認められている概念。
そういうキーワード検索からはこぼれ落ちてしまいがちなもの、
ひとことではまとめ難い何かを判断の基準にしたい。
実物を手にしたときに伝わる感触や気配。
めぐりあわせで何故か手元にあるもの。
旅先でふらり立ち寄ったマーケットや古道具屋で見つけたもの。
友達から(教えて)もらったもの。
友達が作ったもの。

「この分野にもともと興味があって、リサーチしていて知った」
というよりむしろ、
「たまたま知り合いが絡んでた故に、普段だったら視野に入らないものが入ってしまった」
に近い出会いを導き出せたらとても嬉しいです。

border1

■ZINE?


ZINEは英語で「有志の人々が制作する、たいていの場合は少部数の、非商業的な(利益を出すことが第一の目的ではない)出版物」のこと。
「MAGAZINE(マガジン)」から「FANZINE(ファンジン)」という言葉が生まれ、省略されて「ZINE」になりました。

日本では、これに重なる意味を持つものとして、ミニコミ・同人誌・自費出版・小出版物・自主出版物・リトルマガジン・リトルプレス……等々、さまざまな言葉および概念が存在しています。
ここではこれらをひとまず全部ひっくるめて「ZINE」と呼び、「個人が自分の意思で好きなように作り、読まれる本」周辺文化に「特に」注目していきたいと思います。

実際のところ現実の世界では、何をもって「自主制作」「独立系」「インディペンデント」とするのかの定義は難しい。 儲けは度外視でひとり細々と経営している「出版社」がある一方で、つやつやした大企業の広告が載っている「インディーズ出版」もある。
そのあたりはどうしたって曖昧で、「(商業・非商業で区別しないで)本はもう全部本でいいのに」という思いもあるのですが、まあそれはそれ。
当店の出発点は、まず「どうみてもamazonで販売されるわけのない、独立出版専門店に卸すのすら面倒くさい冊子が何故か紹介されて、望めば買うこともできる場がネットにあったら楽しいのではないか(それはおのずと自分または友達が作ったものからはじまることになるだろう)」というところにあります。

大手出版社から出てメジャー流通にのっている本だって、たいていは個人の意思と誠意で作られているもの。そのシステムを利用して大勢に届くのならばそれに越したことはない、という考え方もある。
とはいえ、何か伝えたいことがあるときどこも通さずに自分で発信することができる、してしまえばいい、というアイデアはとても魅力的。
分業化・専門化が進み、また強いものがより強くなり富めるものがより富む時代に人の心を助けるのはそういうものなのではないか。
数人、数十人、数百人が共有する特別な体験がある。

……という認識のもと、これは! というもの、ご縁があったものを置いておくつもりです。



■Lilmag@なぎ食堂


渋谷・鶯谷町のヴェジタリアン定食屋「なぎ食堂」で、Lilmag取扱商品の一部を販売しております。
長年にわたって出版・レーベル活動を行ってきた "map" のお店です。店内では書籍&CD販売のほか、内外のオルタナティヴ音楽文化とがっぷり組んだ展覧会・イベントも開催。
●なぎ食堂



■店主紹介


野中モモ
フリーランスで翻訳・編集・ライター業を営みつつ2007年1月にLilmag開店。
訳書:『ベン・ショットの英国博覧記』ベン・ショット(日経BP社)、『ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984』サイモン・レイノルズ(シンコーミュージック・エンタテイメント)、『ガール・ジン 「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア』アリスン・ピープマイヤー(太田出版)
監修:『アンダーグラウンド・ロックTシャツ RIPPED』シーザー・パディーヤ(ブルース・インターアクションズ)
詳しくは→Tigerlilyland